2015年日本インターネット映画大賞外国映画部門に投票します

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

昨日の日本映画部門にひきつづき外国映画部門に投票します。

『 外国映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」10点
  「はじまりのうた    」    8点
  「ANNIE/アニー     」    7点
  「ジュピター      」    4点
  「アメリカン・スナイパー」    1点

【コメント】
年を追う毎に鑑賞本数が減っていますが、2015年は奇妙なことに、前半は洋画、後半は邦画ばかりと、そうとうに偏った鑑賞をしました。
意図したことではありませんでしたが、このためスターウォーズの新作などが2016年に繰り越してしまいました。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ] (「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」)

【コメント】
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」は、今年観た作品の中でもっとも圧巻でした。
全編ワンカット(風)という奇抜なフォーマットもさることながら、落ち目の役者をややコミカルに描いていました。
そしてひと癖もふた癖もある作風は、「バベル」のころから健在。
なんとなく昨年度最高点をつけて推した「アメリカン・ハッスル」とも似通ったところがあります。


【主演男優賞】
   [マイケル・キートン  ] (「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」)


【主演女優賞】
   [キーラ・ナイトレイ  ] (「はじまりのうた」)


【助演男優賞】
   [エドワード・ノートン ] (「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」)

【コメント】
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」から部門賞に4名を投票しましたが、その中でもこの人の怪演ぶりが圧巻。


【助演女優賞】
   [エマ・ストーン    ] (「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」)


【ニューフェイスブレイク賞】
   [クヮヴェンジャネ・ウォレス] (「ANNIE/アニー」)

【コメント】
子役とはいうものの、アカデミー賞で主演女優賞にノミネートされた実績がある女優さんにニューフェイスブレイク賞などいかがなものかと考えましたが、その初々しさを買って投票します。

【音楽賞】
  「はじまりのうた    」

【コメント】
今年観た1本目は「ANNIE/アニー」でした。ここでもうすでに音楽賞への投票作品は確定したと思いきや、ひきつづき2本目に観た本作は作品・音楽ともにそれをまた上回るほどすばらしい出来映えです。
前作「ONCE ダブリンの街角で」も本作に勝るとも劣らない上質の音楽がちりばめられた作品でした。前作を観た時も音楽賞に投票しています。

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ○×賞】
  該当なし

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------

トラックバック(0)

コメントする