2013年日本インターネット映画大賞日本映画部門に投票します

  • 投稿日:
  • by

 昨日の日本インターネット映画大賞外国映画部門にひきつづき、日本インターネット映画大賞日本映画部門に応募します。

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「ペタル ダンス    」  10点
  「許されざる者     」   8点
  「清須会議       」   7点
  「風立ちぬ       」   4点
  「言の葉の庭      」   1点
【コメント】
 「ペタル ダンス」は今年最大の圧巻でした。若手実力派の女優さんたちを揃えたオールスターキャストともいえるキャスティングと、それに充分に応えたアドリブに近い演技、そしてそれを引き締める演出、さらには青森の冬の海辺の空気感と、実に充実した作品でした。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [石川寛        ] (「ペタル ダンス 」)
【コメント】
 この方の作品は初めて観ましたが、すばらしい空気感と自然なアドリブ演技に魅せられました。

【主演男優賞】
   [渡辺謙        ] (「許されざる者  」)
【コメント】
 大泉洋さん(「清洲会議」)にすべきかかなり悩みましたが、やはりこの存在感は捨てられませんでした。

【主演女優賞】
   [宮崎あおい      ] (「ペタル ダンス 」)
【コメント】
 ごひいきの女優さんということもさることながら、みごとなまでにこのアドリブに近い演技をこなしきっていました。

【助演男優賞】
   [柄本明        ] (「許されざる者  」)

【助演女優賞】
   [安藤サクラ      ] (「ペタル ダンス 」)
【コメント】
 主演女優賞に推した宮崎あおいさんもさることながら、彼女もまた本作で実力派女優としての才気を十二分に発揮していました。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [忽那汐里       ] (「ペタル ダンス」「許されざる者」)
【コメント】
 すでにいくつもの作品に出演し、新人という範疇からは外れる感もしますが、今後ますます活躍してもらいたいということからも推すこととします。

【音楽賞】
  「ペタル ダンス    」
【コメント】
 この作品の空気感とぴったり合っていた楽曲でした。

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ○×賞】
   該当なし

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------

トラックバック(0)

コメントする