『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』

 人気シリーズも本作で4作目、スピンアウト作品を含めると6作目となりますが、本作でいよいよ最終作となりました。

 このシリーズかなり気に入っていました。
 当初は、テレビドラマの映画化ということで、正直いってあまり期待はしませんでした。
 しかしながら、1作目は予想外の傑作であり、それに続く2作目も決して出がらしなどではなく、しっかりした作りで十二分に楽しむことができました。

 金をかけた製作や演出もさることながら、脚本の出来がすばらしく、同時に進行する3つの事件が錯綜する展開をうまくまとめることができたからでしょう。
 その後、警察もののドラマや小説のシリーズものがたくさん生まれたのも、本シリーズの成功が機になったのではないかと思われます。
 しかしながら、たんに警察の組織をていねいに描いたというだけでなく、かなりユーモラスに振ったトーンで、それほど構えずに観ることができた希有のシリーズでした。

 またスピンアウト作品としての2作もなかなかのものでした。
 こちらも単なる余興のようなものではなく、単独の作品としてもきわめてしっかりした仕上がりになっていました。
 ということで、今までの5作について、観た当時の感じ方を単純化してまとめると次のようになります(年月は公開月ではなく、鑑賞した年月です)。

×作目作品名鑑賞年月印象
1作目『踊る大捜査線 The Movie』'99.1
2作目『踊る大捜査線 THE MOVIE2』'03.9
スピンオフ作品『交渉人真下正義』'05.5
『容疑者 室井慎次』'05.9
3作目『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』'10.7
 今回は、シリーズもこれが最終編ということで、実のところそれほど大きな期待はせずに臨みました。

『るろうに剣心』

 時代物といっても、コミックの映画化ということで、それほど大きな期待もせず臨みました。
 しかしながら佐藤健さんの活躍ぶりが予想以上であり、楽しんで観ることができました。
 またその脇を固める俳優さんたちも、名優香川照之さんはいうにおよばず、 江口洋介さんや敵役の吉川晃司さんもキャラが立っており、十二分に楽しむことができました。

『外事警察 その男に騙されるな』

 この十数年ほど、日本の警察もののレベルが非常に高くなっています。
 フジテレビの「踊る大捜査線」シリーズが引き金でしょうか。テレビドラマの映画化といっても、脚本がきわめて精緻なこともあって、娯楽映画として十二分に堪能できました。
 これに刺激されたのか、小説でも佐々木譲著「警官の血」や今野敏著「隠蔽捜査」シリーズなど、きわめて質の高い作品が発表されています。
 映画でもテレビ朝日のドラマ「相棒」シリーズが同じように映画化されました。失礼ながら二匹目のドジョウを狙ったものと高をくくっていたところ、予想外に質の高い作品に仕上がっていました。「踊る大捜査線」シリーズと同様に、脚本が実にていねいで練られていたからでしょう。

『しあわせのパン』

 北海道の田舎でパンカフェを営む尚(大泉洋)とりえ(原田知世)の水縞夫婦を軸として、そこに訪れる客の人間模様を描いた作品です。
 実質的には3つの短編からなるオムニバス作品ですが、それぞれ舞台が夏・秋・冬となっており、登場人物も若い男女・親子・老夫婦と、あたかも季節の移ろいに合わせるかのようになっています。

 これらの登場人物がみずみずしく描かれていることもさることながら、本作の隠れた見どころは、建物や料理などの小道具の数々でもあります。センスの良さがすみずみまで行き渡っています。
 とりわけ食器がすばらしい。無地を基調とした地味でいながら実にセンスのいい良質なデザインが、水島夫婦によって提供される数々の食事に華を添えています。
 主人によって焼かれるパンをはじめとした料理の味は、本来は映画では直接表現できるものではありませんが、このような瀟洒な食器に盛りつけられることによって、映像だけからも質素でありながら純朴な味を感じさせてくれます。

『ヒミズ』

 アメリカでは"9.11以降"という言葉が生まれたとおり、9.11を直接扱ったり、そうでなくとも間接的な影響が感じられる作品がこの10年ほどの間に数多く見受けられました。

 さて本作ですが、映画の中では明言されていませんが、登場人物たちは3.11によって被災した人たちという想定がされています。
 その被災した人たちを受け入れたのが、主人公の中学生の住田(染谷将太)。彼はろくでもない父親と母親を持つという環境に置かれています。
 その一方で暗に対する明という形で彼に思いを寄せる茶沢恵子(二階堂ふみ)の存在が語られていますが、しかしながら彼女の家庭環境も決して恵まれたものとはいえません。

『日輪の遺産』

 堺雅人さんの軍人役が見事なもの。
 どちらかというと軽い役回りが多いので、重厚な軍人役など務まるものかと懸念したものでしたが、どうしてどうして。
 新進気鋭の陸軍将校役としての立ち居振る舞いなど、実に堂々と少しも力むことなく演じていました。

『冷たい熱帯魚』

 園子温作品鑑賞はこれで4作目になります。
 『紀子の食卓』が秀作、『愛のむきだし』が力作とすれば、本作はまさしく怪作でしょう。
 ちなみに、少なくとも見映えはごくオーソドックスな『ちゃんと伝える』は、園子温作品としてはむしろ異色作に入るのかもしれません。

『あしたのジョー』ラストシーン異聞(ネタバレあり)

 今回映画を鑑賞したことがきっかけで、このラストシーン、すなわち勝者の力石徹が試合後急逝することについて調べていたら意外なことがわかりました。
 この映画を観るまでは、力石の死を提案したのは、原作者の高森朝雄ではなく、作画のちばてつやだったものと思いこんでいました。
 このことはたしか7~8年前の新聞のコラムで、ちばてつやの回想として書かれていたものと記憶しております。
 詳細は完全には覚えておりませんが、なんでも丈と力石の身長差が作画の技術上困難だったからということです。
 この事実が発表され、その後少ししてからテレビ番組「トリビアの泉」でちばてつやが追認していたものと理解していたのです。

『あしたのジョー』

 このマンガは、少なくとも前半部はおおむね連載中にリアルタイムに購読していました。とはいっても何十年も前なので、記憶に残っているのは今回映画化された範囲くらいです。
 とはいうもののこのマンガに対する特別なファンというわけではなく、原作に特別な思い入れがあるわけではありません。むしろ当時は本作や「巨人の星」などのスポコンものに反発さえしていました。
 原作の後半はほとんど知りませんし、ラストがどうなったかも後日人づてに聞いただけで、原作に目を通していません。
 映画版のラストシーンにあたる部分もそうで、漫画誌に残るといっていい名シーンを連載でリアルタイムに読むことができたのですから、大げさにいえば歴史的瞬間に立ち会ったともいえますが、当時はそのような感興はありませんでした。